部門紹介

検査室

スタッフ

当院検査科は臨床検査技師11人で一般検査、血液検査 病理検査 微生物検査 生理検査 
神経生理検査 輸血検査を行っています。
土日祭日の日直と夜間の待機で24時間体制の業務を行っています。

 

 

 

 

概要

一般検査
 尿 髄液 胸水 腹水 関節液 便 などの精査を行います。

血液検査
 貧血 感染症 腫瘍 肝機能 腎機能 心機能 甲状腺ホルモン 栄養状態 膵臓機能
 などが分かります。出血などによる貧血のための輸血の検査も行います。
 採血後 30分から40分以内に結果を出せるようにしています。

病理検査
 手術や内視鏡などで採取された、体内の組織や細胞成分を化学的に処理した上で染色を行い、プレパラート(顕微鏡標本)を作製します。このプレパラートをもとに、組織の構造や細胞の詳細を顕微鏡で観察して調べます。この検査では、様々な病気の本質がわかりますが、特に“がん”の診断および治療方針の決定には欠かせない検査です。


微生物検査
細菌検査室は現在、一般細菌、結核菌、真菌(一部)の同定、感受性試験、ウイルス抗原迅速検査を行っています。
感染情報レポートの提出、ICT(感染対策チーム)メンバーとして、院内ラウンドを毎月曜日に行っています。また、感染防止対策地域連携として、近隣病院との相互チェックなど年6回行っています。
 
全自動細菌検査システム、マイクロスキャン「ウオークアウェイ」を導入し細菌検査の自動化、測定の標準化、迅速化、結果報告とその有効利用を目的として細菌検査室の合理化と充実を図っていこうと考えています。

安全な医療を提供するため、多剤耐性菌、結核、インフルエンザ、ノロウイルス等の感染症のアウトブレイク発生時における迅速な対応を行うため、ICN(感染対策専任看護師)と連携して感染対策の向上を図っています。
また、三重県感染ネットワーク(MieICNet)が立ち上がり、当院細菌室も参加し、感染対策の向上を図っています。

生理検査
心電図、負荷心電図、呼吸機能検査をはじめ、心臓、腹部、乳腺、頸動脈、末梢血管の超音波検査など、身体機能を調べる様々な検査を行っています。

神経生理検査
医療機器を用いて生体情報を収集・解析し、患者様の状態を調べる検査をしております。
検査によっては苦痛を伴うものもありますが、疑問、不安などありましたらお気軽にお尋ね下さい。

【主な検査項目】

脳波検査・神経伝導検査・大脳誘発電位・自律神経機能検査・聴力検査・サーモグラフィー
動脈硬化検査・ホルター心電図・24時間血圧検査・睡眠時無呼吸検査(PSG検査)

睡眠時無呼吸症候群は、日中の眠気を起こすだけでなく、高血圧・心疾患・脳疾患などを引き起こすことが明らかになっております。PSG検査は入院検査(一泊二日)になりますが、在宅スクリーニング検査機器も用意しておりますのでお気軽にお問合せ下さい。


トップ